企業目線で考える  コーポレートガバナンスの実務 

 

~実効的な取締役会・委員会の運用において社外取締役が果たすべき役割

とは~

 

  この度、ウイリス・タワーズワトソン主催により、首題のセミナーを開催することになりましたので、ご案内申し上げます。

 コーポレートガバナンスの実効性の形は、経済・社会情勢のうねりの中で、議論を重ねながら深化し続けています。特に近時では、サスティナビリティ経営が声高に叫ばれる中、行き過ぎた「株主至上主義」を見直す論調がグローバルで見られ、広くステークホルダーの利益に資するコーポレートガバナンスこそが重要であるとの考え方が主流になりつつあります。もはや、最適なコーポレートガバナンスのあり方は企業が自ら定め、信念をもって発信していくべきものであるとの考えに異論を挟む余地はなく、株主対策として取り組むだけの従来の発想のままでは明らかな限界が見え始めています。

 このような状況において、社外取締役に求める機能や役割もますます拡大しています。株主の代弁者として経営陣を牽制する従来からの役割に加えて、地球環境や社会の課題解決を支えようとする企業文化を尊重し、多様なステークホルダーの利害を調整しながら、持続的な企業価値の創造を主体的にサポートしていく役割が新たに期待されているものと考えられます。しかしながら、こうした新たな役割を具体的にどのように果たしていくべきかは、必ずしも共通の認識があるわけではありません。

 本セミナーでは、多くの企業で現役の独立社外取締役としてご活躍されている松田様と、各種のコーポレートガバナンス関連ガイドラインの策定を主導された経済産業省の坂本様をゲストスピーカーとしてお招きし、社外取締役が果たすべき役割について、足下の取締役会や指名・報酬委員会の最新実務より論点を整理の上、各論ごとにその貴重なご知見をご披露いただきます。

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

ウイリス・タワーズワトソン
コーポレートガバナンス・アドバイザリーグループ リーダー
シニアディレクター 櫛笥 隆亮

 

 

企業目線で考えるコーポレートガバナンスの実務
~実効的な取締役会・委員会の運用において社外取締役が果たすべき役割とは~

セミナー内容(予定)

第一部

パネルディスカッションに向けた 論点整理
  • 取締役会における社外取締役の期待役割をどのように考えるか
ウイリス・タワーズワトソン コーポレートガバナンス・アドバイザリーグループ
ディレクター  平本  宏幸
  • 指名・報酬委員会における社外取締役の期待役割をどのように考えるか
ウイリス・タワーズワトソン コーポレートガバナンス・アドバイザリーグループ
ディレクター  宮川  正康

第二部

パネルディスカッション: 
社外取締役が果たすべき役割とは

<ゲストパネリスト>

株式会社クボタ 社外取締役
株式会社バンダイナムコホールディングス  社外取締役
JSR株式会社  社外取締役
松田 譲 様
 
経済産業省 経済産業政策局 産業組織課長
坂本 里和 様

<モデレーター>

ウイリス・タワーズワトソン コーポレートガバナンス・アドバイザリーグループ
リーダー/シニアディレクター 櫛笥 隆亮
 

 

 

【お申込み方法】
こちらまたは本サイト右上の『WEBからのお申込み >>』をクリックいただき、フォームに必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。